キリン

提供:女神転生 Wiki
移動: 案内検索

キリン(麒麟)は中国の伝説上の動物。

目次

[編集] 詳細

中国の古い思想に登場する霊獣。この世すべての獣を生み出した獣の長とされ、同じくすべての鳥類を生み出した鳳凰と対に扱われる。

性質は非常におとなしく、足元の虫や植物を踏むことを恐れるほど殺生を嫌う。千年を生き、声は艶なる音色にも似て、歩いた跡は正確な円を描き、曲がるときは直角に曲がるという。

目で見ることはできるが罠などを使って捕らえることはできない。もし傷つけたり死体を見た場合、凶兆だとされる。

王が仁のある政治を行うとその前に現れる瑞獣としての一面も持つ。

生まれながらに優れた才を持つ子供のことを、古来より『麒麟児』または『天上の石麒麟』と呼ぶ。

孔子が編纂したという歴史書『春秋』では、麒麟が現れるはずのない乱世に現れ、おまけにそれが狩人に捕らえられた挙句『気味の悪い生物』だとして捨てられてしまったことから、この世が終わりに近づいていると嘆き書物の編纂を中途半端(に思える形で)投げ出した。このことから、物事(あるいは人生)の終わりを意味する『獲麟』という言葉が生まれた。

[編集] 容姿

全体的に鹿に似ているが体高が5mもあり、顔は龍に似ており角は多くの場合一本である。背中に生えた毛は五色に彩られ、それ以外のところは黄色、体毛が生えていない場所は鱗に覆われている。

[編集] 他の悪魔との関わり

鳳凰、霊亀、応龍と合わせて、四霊と呼ぶ。また、白澤と同一視されることもある

[編集] 女神転生との関わり

[編集] 女神転生シリーズ

[編集] 女神転生2

聖獣」として登場する。属性は「Good」。合体で作り出せるが、レベルが低くて弱く、使い道がない。

[編集] 真・女神転生シリーズ

[編集] 真・女神転生

聖獣」として登場する。属性は「Light-Law」。レベルの割に強さはイマイチ。だがエストマを持っているので、そのために作っておいてもいい。

[編集] 関連項目

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ジャンルから探す
シリーズ一覧
編集ツール
ツールボックス