トール

提供:女神転生 Wiki
移動: 案内検索

トール(Thor)は北欧神話の神。

目次

[編集] 詳細

一般には北欧神話の主要神という扱いだが、厳密には北欧から古ゲルマンの地域で広く信仰された神。「トール」という呼び名は古ノルド語をドイツ語に訳す際に固有の文字をアルファベットに近くした際に変わったもので、元々はソールというらしい。英語圏では元の発音からソーまたはソアと読む。

北欧神話における彼は、雷神・農耕の神としての性格から庶民、特に農民からの信仰を集めていたため非常に支持されており、その勢いは主神であるオーディンを追い越す勢いだった。しかし時代が下り、戦士階級が権力を持つようになるとオーディンの息子という地位に甘んじるようになる。性格は豪胆かつ粗野で、武勇を重んじる好漢だが一方で怒りっぽく、愚直なためちょっとからかわれるとすぐキレる。が、怒りが持続しないためかすぐに怒っていたことを忘れてしまう。単純な性格ゆえか悪知恵の働くロキと仲がよく、しょっちゅう喧嘩する割に冒険にはともに連れ立っている。とんでもない大食漢で、他の神の1週間分の食事を1日で平らげてしまうほどである。

世界最終戦争「神々の黄昏(ラグナロク)」の際には、宿敵である大地の蛇ヨルムンガンドと相討ちになって果てると言われている。

[編集] 容姿

筋骨逞しい大きな体に、燃えるような目と赤い髪と髭を蓄えている。右手には大地を割り雷を降らすというハンマー・ミョルニルを持ち、腰には自身の力を限界まで引き上げる力のベルト・メギンギョルズを締めている。

[編集] 他の悪魔との関わり

オーディンとヨルズの息子。ロキとは何度となく冒険の旅に出かけている。

[編集] 女神転生との関わり

[編集] 女神転生シリーズ

[編集] 女神転生1

鬼神」として登場する。属性は「Good」。敵としては登場せず、合体でのみ作成することができる。

[編集] 女神転生2

鬼神」として登場する。属性は「Good」。敵としては登場せず、合体で仲魔にすることができる。

[編集] 真・女神転生シリーズ

[編集] 真・女神転生1

魔神」として登場する。属性は「Light-Law」。赤坂にある米国大使館に駐留する米大使トールマンという人間のふりをしている。「法の神」の命令で東京を大破壊した張本人でもある。NeutralもしくはChaosルートを通る際は戦って倒すことになる。なぜ他の信仰の神の存在を許さない「法の神」に従っているかは不明。

[編集] 真・女神転生Ⅱ

魔神」として登場する。属性は「Light-Neutral」。悪魔合体でのみ作り出せる。前作より作りやすくなった分、かなり弱体化してしまった。

[編集] 真・女神転生if...

魔神」として登場する。属性は「Light-Neutral」。合体でのみ作り出せる種族が軒並みレベルが高くなったため、能力が高くなった。強い分作りにくく、普通にゲームを進めているとアキラルート以外ではお目にかかる機会がないと思われる。

[編集] デビルサマナーシリーズ

[編集] 真・女神転生デビルサマナー

鬼神」として登場する。属性は「Light-Chaos」。魔神から鬼神に降格されたが、そもそもデビサマ自体合体で作り出せる悪魔は軒並み能力が高めなので、格下げというイメージはない。

[編集] デビルサマナーソウルハッカーズ

鬼神」として登場する。属性は「Light-Chaos」。

[編集] 関連項目

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ジャンルから探す
シリーズ一覧
編集ツール
ツールボックス